*ぷみささんちの白紙帖

ぼくのこころのふりーだむ。

*ぷみささんのすきなや―つシリーズ

f:id:pms0lsxm:20211117004420p:plain

だれが一番ステ極振りでしょーかクィズ

これ。

続きを読む

*地方公務員郷想譚森兄弟

こんなごこぅむのこぅいうのりのこぅいうのののばっかかきちらしてたのがもりなんだよな今の森はごちょぅなんのすっぽんぽんばっかでそれはそれできにいってます🏞️

f:id:pms0lsxm:20211022010738p:plain

ひと(としていきること)にやさしぃせぃかつ
続きを読む

*ぴちゅ:めゝんと∴ぱらたいぽ

夕凪にあらぅ樹葉がとぉぃ時雨みたぃにひびく須臾〔しゅゆ〕のなか、それはモアレー砂嵐-まるで古ぃ電信受像機〔テレビ〕の、知らなぃボタンを間違って捺してしまったそのしずかながめんのよぅに、
そしてそれがまた、からまりあぅ姿をむすび、いたづらに星座ーぃや、超新星ーみたぃに光*影の点を結ぶよぅ
―なんでここまできたんだっけ

その"熱視線"は加速するなか自らの道程できせきをつくってゆく。

まるで時空ワープを超ぇて宇宙航空するよぅにくゎんとくゆる闇雲にさんざばらめぃた光点の粒がしらじらしらと目の前で白魚〔しらうお〕みたぃにぎょうけつし、ちらちらちらとおかしく瞬〔またた〕く眉間〔みけん〕のみぎりの"ゆうけぃ"は、

まるでこの御〔み〕際〔ぎわ〕すらこぇた大地の果てなき果ての果て、重荷がやがて意味とこくぅに一体となりわが躰ごと質量になるころ。万象の風を抱えた絹の道のその旅路を歩ききったトホキコキヲの感覚のよぅに

―なにをさがしていたんだっけかな

輝〔きらめ〕く視界の色彩が吸ぃ込まれるよぅにしゅうそくしてゆく。

続きを読む

*ぴちゅ:めゝんと∴ぱらたいぽ

 

 

ぼくはなにを探してたんだっけな?

 

その面影〔-ざし〕が、はてそぅなわかぃきおくのおくのなにかをなでりゅく。

 

なにかとても重要な…くだらなぃ遊そびのよぅなことをしてた気がするんだけど。

 

"現実"の虚〔むな〕しぃ質量感がにゎかにずりさげた、

 

伽噺のよぅな幻想の感覚を、巫戯山て

ちぃさな―ちぃさな-ちぃさな"光"がひっぱった。いたずらな

それはやがてこの隅々のうちからこの虚空中にそれぞれのかたちのすがたなく無口な思想〔おもゎく〕をもってやがてぷぉんと匂〔にぉ〕ぅのだ。

 

続きを読む

*つれづれかき(ぼくのばしょ)

あたらしぃぼくのばしょをつくった。


とりま文章系とかまとめやすそぅだったので。
つかぃかたはこれからかんがぇる。あとおちんぎんもりましとくてんとかはとくにかんがぇてなぃおさぃせんもとぃおひねりしよぅ。